うつを病院で診断するメリット

2021/06/03 心の悩み

心療内科や精神科には、あまり馴染みがなく受診しづらいと感じる人も多いでしょう。もしかすると、少し抵抗のある方もいるかもしれません。しかし、病院で診断を受けることで、今の状態がどういったものなのか明確となり、適切な治療につながります。その他にも、メリットはたくさんあります。

うつ病をセルフで診断するのは難しい

うつ病かどうかは、専門医の判断が必要です。インターネット等でセルフチェックできるチャートもありますが、例えうつ状態あるいはうつ病の可能性があると分かったとしても、自分一人で治療はできません。

また、うつ病の症状によっては、他の病気の治療も必要となる場合があります。こうした判断は、セルフで行うことは難しいため、総合的に診断してもらう必要があります。

公的な支援を利用できる

社会保険の傷病手当や、労災認定を受ける際などには、医師の診断書が必要となります。自分だけの判断で一時的に休職や無職となった時に比べると、病院で治療を受けている場合は公的な支援が厚いため、毎日の生活の不安を軽減することができます。

 

ココロサプリでは、他の相談機関に悩むといったことに関しても相談を受け付けております。ぜひお気軽にご相談くださいね♪