上司の指導がつらくてもう仕事を辞めたいと思った私が立ち直れた方法とは

2020/02/03 仕事・キャリア

私は同じ部署の女性との人間関係でずっと悩んでいました。


その女性というのは、私よりもはるかに年齢も経験も上の人。その人から指導を受けていたのですが・・・かなりきついんです。指導の仕方が。。


仕事上の事なので指導を受けることは仕方がないと思ったものの、やっぱりきつい指導の仕方にはついていけず、とても気持ちがすさんでしまいました。


その結果、その仕事自体を辞めたいと思うようになったのです。

 

 


<私が甘いのかもしれないけど・・・指導の仕方が自分にはつらくて・・>

 

指導を受けることは必要と思っても、やっぱり仕事として嫌になってしまうんですね。


指導内容が細かいので、ちょっとしたことでも指摘を受けてしまうのがとても辛くて。


これは完璧だろうと思っていても、注意をされてしまいます。

 

その結果、辛い気持ちをずっと抱える事になりました。


その人から指導を受ける前は、仕事について楽しいしやりがいがあると思っていたのに・・・。


ところがその女性が上司になると、仕事に対して楽しいと思うことがなくなったのです。


仕事をすることが憂鬱と思うようになってしまったんですね。


この様なことになったので、なんとかしたいと思っていた反面、毎日毎日、やめることばかりを考えてるようになっていたのです。

 

ほかの人にも、相談をしました。

 


しかしほかの人は、その人から指導を受けることがないので今ひとつピンと来ないんですね。一人で悶々と考えるようになりました。

 

 


<辞めたいという気持ちをなんとかしたい!乗り越えたい!>


その後は、辞めたいという気持ちをなんとかしたいと思って、必死に乗り越えることを考えていました。

 

 

その一つとして行ったのは、自学です。

 

 

自分の能力が足りないと思ったので、もっと知識を増やさなければという想いで、自宅でずっと勉強をするようにしていました。

 

友だちと遊びに行くのも我慢して、テレビやYoutubeを見るのも我慢して、とにかく知識を増やすために勉強をしました。

 

その努力が実を結んで少し失敗をすることが少なくなり、なんとかいけるかなと思うようになったのです。

 

しかしそれだけでは、やっぱり辛い気持ちを払拭することができませんでした。

 

 


<大きな声を出してストレスを解消してみる>


そこで私が行ったのは、なんと言ってもストレスを解消することです。


主に行ったのは、大きな声を出すことですね。


その結果、カラオケに行って大きな声で歌うことにしました。これはかなりストレスを発散させることができました。

 

カラオケの他にも、その辛さを信頼できる友人に愚痴として話しました。


これはとてもいい手段です。話すことにより、友人からアドバイスを受けることがなくてもなんとか気持ちをすっきりさせることができます。


ただ・・・毎回毎回だと友人も嫌になってしまうかもしれません。幸い私の友人は嫌な顔一つせず私の愚痴を聞いてくれました。

 


友人の悩みも聞いたりして、自分ひとりが悩んでいるのではないと思うと気持ちが楽になりました。

 

自分ひとりがとても辛い、その気持ちを持っているのにほかの人はそんなことはないのだろうな、幸せそうだと思ったりするのです。


その時、楽しそうに見えている友人も悩みを抱えていることを知ると、なんとなく人は悩みを抱えてそれを我慢して起きているんだと思うことができるのです。

 

その結果、心を軽くすることができました。

 

 


<心は軽くなったけど・・・仕事はやっぱりつらい>


最終的には、そこで仕事をすることが辛いと思う気持ちを払拭することができなかったので、部署移動をさせてもらいました。


その結果、その部署で起きていたことを思うと、その後の部署はなんて天国なんだろうと思っています。


それは自分が逃げてしまったのだと思ったりすることもあります。


しかし仕事を楽しくない、それをいろいろなことをしても解決できない場合はそれもひとつの方法だと思っています。


結果的にいい方向に向かうことができたので、そのことは大正解だったと思っています。

 

 


<つらい時はそこから逃げてもいいんだよ>


悩みを抱えているときは、とても辛いですね。


しかしいろいろなことをしても無理と思った時には、違う視点で考えて見ましょう。


そこから逃げることも一つですよ。